五山の送り火

コロナ 日記

こんばんは。

tomokoです。

 

8月15日終戦の日

戦争の愚かさ。

その時代に生き抜いた人達

命の尊さ。。。

戦争を体験された方が

少なくなってきたとニュースで

言っていました。

私は祖母から何度か

戦争の時の事を

聞いてみたことがありましたが、

あまり教えてもらえませんでした。

祖母は奈良公園の近くに

住んでいたのですが、

大阪の大空襲の時

生駒山(大阪と奈良の県境にある山)が

燃えているのか?と思うくらい

赤くなっていたそうです。

祖母はその事しか話してくれませんでした。

 

そして、8月16日は京都では

『五山送り火』が執り行われ、

「大文字」・「妙法」

などの炎の文字は、

お盆に迎えた精霊を

再び冥府へ返す送り火と

されています。

 

コロナ感染を防ぐ為に

今年の点灯のやり方も

点火する人が密にならないように

考慮されているそうです。

中止をすること無く、

綿々と受け継がれた事を

粛々とされているのは、

すごいことだと思います。

 

コロナで亡くなられた方、

戦争で亡くなられた方、

ご先祖さまのためにできる、

今現在生きている人の想いだと思います。

こういう昔からの伝統行事があるたび

大別なことだなぁと思います。

 

私は送り火をみて、

手を合わせることくらいしか

出来ませんが。

今年の大文字は

ソーシャルディスタンスのため

全く違う形でした。

今年だけになってほしいです。

 

40代!健康、美肌、心で人生を輝こう!】----

40代の為の健康応援サイト!「美的プロ.com

https://biteki-pro.com