意見の伝わる人と伝わらない人

日記

意見の伝わる人と伝わらない人がいるのはなぜ?

こんにちは
TOMOKOです。

なんで意見が通らないのか。
しんどくなることないですか?
「人間には2つのタイプ」があります。

それは
「単語脳」と「文脈脳」の違い

同じように一生懸命説明したのに
ちゃんと伝わる人と、伝わらない人がいます。

伝わらなかった人には、だいたい1部分だけ
切り取って自分で解釈して、私が言いたかったこととは
全く違う解釈をしている。。。

そういう人に限って、言ったのに聞いていないとか、
とんでもない誤解をしていることがありますよね。

私の言い方が悪かったのかな?とか
自分を責めることも度々あり、
悩んでいました。

その時に見つけた、rの住民ピエロさんのyoutubeの
「一発で引きずり込む話法 あなたの意見が通らない理由」
でお話をされていて、とても納得し、共感した内容です。
(「キンコン西野流」がもとみたいですね)

話をするときは相手が「単語脳」なのか「文脈脳」なのか。
どちらのタイプなのかをしっかり見極めましょうということ。

これを間違えると、とんでもない誤解を生み、
もめるもとになります。

では「単語脳」「文脈脳」とはどんな脳なのでしょうか。

「単語脳」とは
会話や文章を文脈ではなく、
単語で区切って理解する人。
(単語脳:話を単語で切り取り、強い言葉に反応して前後内容に関係なく話を展開する)
(例:バカ、アホ という言葉を使う事自体が良くない)

「文脈脳」とは
文脈ごと理解する人
(文脈脳:話を文脈で切り取り、言葉が多少汚くても話の筋が通っていれば良い)
(ホリエモンさんの話を聞ける人はこちら。バカとかよく話の中で出てくるので)

例えば、冗談で「バカ」と言われた時、
文脈脳の人は、前後の会話の流れや
これまでの関係性も含めて理解するので、
「バカ」と言われても気にしない。

しかし、単語脳の人は
「バカ」という単語だけが
クローズアップされるのです。

文脈脳の人が優れていて
単語脳の人が劣っているわけではありませんし
文脈脳の人には何を言ってもいい
という事でもありません。

ただ、コミュニケーションを取る上で
相手が単語脳なのか文脈脳なのか見極められると
単語脳の人には強い印象の言葉は使わない。
文脈脳の人と話す時は話に矛盾がないか
意識するとうまく
コミュニケーションが取れるよ。

という事です。

伝わる話ができるかどうかを決めるのは
「気配り」であるということ。

異性にも同性にももてる秘訣は
やはりコミュニケーションのツールである
言葉です。

自分が良かれと思って話したことが
伝わらないのでは、コミュニケーションが取れませんよね。

 

「単語脳」と「文脈脳」
これを知ることが大切。
知っているだけで、この両タイプにあなたはなれます。

 

まとめ
文脈脳⇒エビデンスをもって
単語脳⇒優しい言葉で

人を見極めるときは文脈脳で
人を振り向かせるときは単語脳で

とrの住民ピエロさんは締めくくられていますが
とても響きましたし、実践したいと思います。